› 石川県金沢市ダスキン諸江町支店 › ▼▼お掃除のコツ▼▼ › 流し台下部のキャビネット内のカビ・シミをとるには/掃除のコツ
お客さまの声   よくある質問   求人情報   会社概要

2011年11月08日

流し台下部のキャビネット内のカビ・シミをとるには/掃除のコツ

 ●メニュー  /  ●お客様の声  /  ●お問合せ方法  /  ●よくある質問  /  ●そうじのコツ


●流し台の下部のキャビネット内のカビ・シミをとるには

おそうじのポイント
洗剤拭きで落ちないようなカビやシミには、塩素系漂白剤を使います。
皮膚につかないよう必ずゴム手袋をし、まわりに漂白剤がつかないよう包装紙などで保護してから始めてください。(他の個所につくと脱色しますので十分注意を)
石川県金沢市ダスキン諸江町支店・キッチンクリーニング








準備するもの
【 道具 】
・ゴム手袋
・カット綿(または綿棒)
・ふきん(数枚)
・バケツ

【 薬剤 】
・カビ取り剤(塩素系漂白剤)

◆念入りおそうじの場合

①窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。

②ゴム手袋をはめ、液がたれないよう端の部分を少し折り曲げます。

③シミやカビの部分が広ければ、カット綿にカビ取り剤(塩素系漂白剤)の原液をつけ、その部分に塗りつけてしばらく放置します。小さい個所なら綿棒を使います。
このとき、漂白剤が顔や手足、まわりの家具などに飛び散らないよう十分注意してください。
[ アドバイス ]
!有害な塩素ガスが発生しますので換気に注意。必ずゴム手袋などを着用してください。
お掃除中は、お子さんを絶対に近づけないように。

!塩素系漂白剤と酸性洗剤が混ざると有害なガスが出て危険です。
同時使用は絶対しないでください。


④シミやカビの色が抜けたら、水に浸し固く絞ったふきんで、残った汚れや漂白剤をしっかり拭きとっておきます。

⑤その後、十分乾燥させます。

<シミを防ぐために>
専用シートを全面に敷いておくと、調味料や油などがこぼれてもしみ込まず、簡単に拭きとれます。
専用シートは、4か月に1度くらいを目安にとりかえましょう。
[ アドバイス ]
専用シートの代わりに包装紙を敷くのは避けてください。
湿気がたまってカビの原因になります。


<カビを防ぐために>
専用シートをとりかえるときなど、ときどき半日ほど扉を開けたままにして、中を乾燥させます。
これだけでカビが生えにくくなります。
シートを敷いたままにしておくと、ゴキブリの隠れ家になりますのでご注意ください。


●キッチンのおそうじのコツに戻る>>>

どうしても取れない汚れはダスキン諸江町支店におまかせ下さい。

プロのキッチンクリーニングはこちら>>>

石川県金沢市ダスキン諸江町支店・ハウスクリーニング


お電話でお問い合わせの方はこちら
通話料無料:0120-967-455

インターネットからのお問い合わせはこちらをクリック ※24時間OK!

メニュー一覧

お客様の声

お問合せ方法

よくある質問

おそうじのコツ


ダスキン諸江町支店
920-0015
石川県金沢市諸江町上丁307-3 (アルプラザ金沢さんの向いです)
TEL:0120-967-455
FAX:076-260-8898

石川県金沢市、野々市市、かほく市、河北郡、津幡町、内灘町、川北町、能美市、白山市、小松市の方に多くご利用頂いております。
(一部対応できない地域もございますが、お問合せの際にご相談下さい。)


私たちはマット、モップ、浄水器、空気清浄機などレンタルをはじめ、エアコンクリーニングやハウスクリーニング、家事代行、白あり・ゴキブリ等の害虫駆除、天然水の宅配など、石川県に暮らす皆さまの暮らしの中に「キレイ」と「快適」をご提案します。



同じカテゴリー(▼▼お掃除のコツ▼▼)の記事画像
そうだ!掃除をしょう
そうだ!掃除をしょう
おそうじグッズ②
おそうじグッズ①
カビならこれ!
ガラスはこれ!
同じカテゴリー(▼▼お掃除のコツ▼▼)の記事
 そうだ!掃除をしょう (2016-11-08 10:10)
 そうだ!掃除をしょう (2016-11-07 10:10)
 おそうじグッズ② (2016-10-24 10:10)
 おそうじグッズ① (2016-10-22 10:10)
 カビならこれ! (2016-10-21 10:10)
 ガラスはこれ! (2016-10-20 10:10)

Posted by ダスキン諸江町支店 at 10:00 │▼▼お掃除のコツ▼▼